金利は「良い」「悪い」どっち? 高崎市のファイナンシャルプランナーブログ

query_builder 2020/07/28
ブログ
5db5051d539d50d6d3671c6930ea670e
金利には良いも悪いも実はありません。

立場によって、「良い金利もあれば悪い金利もある」と言い換えてみましょう。

良い金利か悪い金利かはみなさんが何かをするのかによって変わります。

例えば「金利=利子」と言い変えてみるとどうでしょうか。

借金を取り立てる金融系のドラマをイメージしてみてください。まさにこの時、立場によって、良い金利か悪い金利かが決まります。

ではみなさんがお金を借りる場合、良い金利というと高い金利か低い金利か、どちらでしょうか?

おそらく借りる立場であれば利子があまりつかない方が良いと思うと考えられます。ですから「低い金利」ですよね。

借りる方からすれば金利は低ければ低いほど良い金利です。金利が低ければ、その分返すお金は少なくなりますから。

反対に貸す方からすれば、金利が低いと返ってくる額が小さくなるので「低い金利=悪い金利」となります。

借りる側と貸す側で金利に対する捉え方は真逆になります。

このような『二面性を持つことこそ金利の本質』なのです。




すまいと家計の相談窓口
高崎市のファイナンシャルプランナー

NEW

  • 銀行マンや住宅営業マンが「変動」でも安心と言う、裏話 高崎市のファイナンシャルプランナーブログ

    query_builder 2022/08/08
  • 「価格の吟味 ローン返済の見極め」高崎市のファイナンシャルプランナーブログ

    query_builder 2022/08/05
  • 「落雷によりお客様からの保険金請求が・・・」高崎市のファイナンシャルプランナーブログ

    query_builder 2022/08/01
  • 「お金を大切にしている人」「お金を大切にしていない人」 高崎市のファイナンシャルプランナー

    query_builder 2022/07/23
  • 「外国人」のお客様でも住宅ローンは問題なし・・・高崎市のファイナンシャルプランナーブログ

    query_builder 2022/07/19

CATEGORY

ARCHIVE