年の差夫婦はどう買えば『無理ない住宅ローン』が組めるか? 高崎市のファイナンシャルプランナーブログ

query_builder 2021/04/08
ブログ
img_05

弊社に住宅ローンの相談でこのようなケースがあります。

 

K様ご家族構成

・ご主人様 55歳 年収600万円

・奥様   43歳 年収300万円

・お子様  長男 15歳 次男11

 

借入額3500万円 住宅ローン25年 金利1% 月々131,905

 

世帯年収は900万円ありますので返済比率も18です。ご主人様単独でも27なので問題ありません。

 

しかし、K様のお子様はこれから高校生と中学生になります。また3年後には長男が大学生になるので大きな出費が控えています。また7年後には次男が大学生になるので大きな負担はこれからトータル10年間続く計算となります。

 

K様は今、問題なく支払えるが3年後には負担を感じているので13万円のローンは厳しさを感じています。更に群馬県に住んでいるので東京の大学に行けば寮か一人暮らしになる予定です。

 

ひとり暮らしになれば更に毎月10万円の仕送りが見込めます。

 

では、どのようなプランニングをご提案したか・・・・

 

答えは収入合算を提案し、主債務者を奥様、連帯債務者をご主人様で35年ローンに切り替えました。ポイントは主債務者の年齢は43歳なので35年ローンにできます。そうなると月々が98,799になるのです!!

 

プランニングは・・・

 

ご主人様の年収600万円を半分の300万円にし、奥様の年収300万円と合算させることで「収入合算」で申し込むことができます。これでも返済比率は20%になりますので問題なく住宅ローンを組むことが出来ました。

 

めでたし、めでたし(^^♪

 

すまいと家計の相談窓口(株式会社PLACE

ファイナンシャルプランナー

NEW

  • 子供の教育資金は何で積立? 高崎市のファイナンシャルプランナーブログ

    query_builder 2021/06/18
  • 高校家庭科で「投資信託」22年4月から授業 高崎市のファイナンシャルプランナーブログ

    query_builder 2021/06/10
  • 「資産運用?」「資産形成?」高崎市のファイナンシャルプランナーブログ

    query_builder 2021/06/10
  • 住宅営業マンは、なぜ「変動金利」を勧めるのか・・・高崎市のファイナンシャルプランナーブログ

    query_builder 2021/06/04
  • 住宅ローンを『無理なく支払える計算方法』と『トータルコスト削減法』 高崎市のファイナンシャルプラ...

    query_builder 2021/05/08

CATEGORY

ARCHIVE