子供の教育資金は何で積立? 高崎市のファイナンシャルプランナーブログ

query_builder 2021/06/18
ブログ
ffee1264

子供の教育費はどのように貯めると良いのか。


そんな質問をよく頂きます。私が子供の頃は40年前くらいになるので郵便局の「学資保険」が定番でした。その頃なら「学資保険」で教育資金を積立てるご家庭も多かったものです。


昔は返戻率が高い学資保険もありましたが、今はそうではありません。掛け金の一部が保障に充てられるものも多く、「貯める」という目的で利用するには魅力が薄くなってしまいました。


だからダメだ、というものいではなく、要望によるところです。保険ですから、貯蓄性だけではなく、保障(親が亡くなってしまったらなど)も欲しいという方には、絶対的に否定できません。


ただ、一般的に学資保険に何を求めるかと聞くと、保障ではなく、貯蓄性を求める方が圧倒的に多いです。


では、どれを選べば良いのか?


・貯蓄性のみを求めるなら「積立NISA」「投資信託」

・保障を求めるなら「学資保険」

・双方を求めるなら「変額保険」となります。


運用率は様々ですが、あくまでも平均年利は下記になります。


・銀行や郵便局の積立は0.001%

・変額保険は3~5%

・積立NISAは3%~6%


どれを選ぶかはみなさんの「目的」です。



すまいと家計の相談窓口

高崎市のファイナンシャルプランナー

NEW

  • 入院保険は「日額いくら?」と「一時金いくら?」どっちが正解?・・・高崎市のファイナンシャルプラン...

    query_builder 2021/10/22
  • 住宅購入した後のやりくりが・・・高崎市のファイナンシャルプランナーブログ

    query_builder 2021/10/07
  • どんぶり勘定で家を購入する人たち・・・高崎市のファイナンシャルプランナー ブログ

    query_builder 2021/09/13
  • 「投資」と「信託」の違い・・・ 高崎市のファイナンシャルプランナーブログ

    query_builder 2021/08/28
  • 自己資金がある方は銀行でなぜ借りるの?・・・高崎市のファイナンシャルプランナーブログ

    query_builder 2021/08/19

CATEGORY

ARCHIVE