自己資金がある方は銀行でなぜ借りるの?・・・高崎市のファイナンシャルプランナーブログ

query_builder 2021/08/19
ブログ
5bdbe6cee4d62ab7358a46d6986f2548

本日、来店されてお客様は住宅購入に関してのご相談でした。


購入価格の希望額、借入額の希望額、返済シュミレーション、繰上返済額のプランを作成しました。


そのところ、自己資金を確認したら購入価格の2割を自己資金を出すことが可能なので、

なんと・・・当初10年固定は「0.67%」、そして11年からは「0.92%」が35年まで固定!


これは某フラット35の商品です。


ハウスメーカーに行き、変動金利で0.7%を紹介される、ネット銀行で0.5%を選ぶ。


リーマンショックから変動金利が安いのは当然のことですから、金利はこの10年変わっていません。


しかし、これからの35年間を考えたらどうでしょう?・・・


住宅購入はリーマンショック時代に遡ってから購入されるのではなく、現在2021年から将来に向けての金利の選択です。


変動金利は経済情勢で変動します。金利が上がれば、みなさんのお給料もおそらく上がるでしょう。


なぜなら、経済は良くなっているから。



でも、違う焦点から考えてみましょう!


インフレになったらどうでしょう・・・


物価は上がり、変動金利も上がり、お給料も上がるかも知れませんが、利益率(残るお金)はどうでしょう?


答えは利益率は下がることになります。


そこで、このような低金利時代に住宅ローンを固定にしてしまえば、インフレになっても住宅ローンは固定される。物価上昇になったとしてもキャッシュフロー(出ていくお金の割合率)は少なくて済むのです。


金融知識はとても大切です。


弊社でなくとも本格的はプロのファイナンシャルプランナーに相談してみてください。


特に金融、不動産に強いファイナンシャルプランナーが良いと思います。



弊社は不動産、金融、保険、税務が強いファイナンシャルプランナーです。





すまいと家計の相談窓口

高崎市のファイナンシャルプランナー

NEW

  • 銀行マンや住宅営業マンが「変動」でも安心と言う、裏話 高崎市のファイナンシャルプランナーブログ

    query_builder 2022/08/08
  • 「価格の吟味 ローン返済の見極め」高崎市のファイナンシャルプランナーブログ

    query_builder 2022/08/05
  • 「落雷によりお客様からの保険金請求が・・・」高崎市のファイナンシャルプランナーブログ

    query_builder 2022/08/01
  • 「お金を大切にしている人」「お金を大切にしていない人」 高崎市のファイナンシャルプランナー

    query_builder 2022/07/23
  • 「外国人」のお客様でも住宅ローンは問題なし・・・高崎市のファイナンシャルプランナーブログ

    query_builder 2022/07/19

CATEGORY

ARCHIVE